暖房のメリットデメリット ストーブ上で料理すると石油で空気が汚れる?

寒さをしのぐために、今の時代いろんな暖房器具があります。

江戸時代はミニ氷河期の中、こたつや火鉢などで暖をとっていましたからね。
便利な世の中になったものです。

いろんな暖房器具を自由に選べる私たち。

どれがいいのか、メリットとデメリットを見ていきましょう!

  

暖房 メリット デメリット

さっそくいきます。

エアコン

 
メリットー時間設定・温度設定ができる、電気代が比較的安い

デメリットーフィルターに埃がたまると暖まりにくい、空気が乾燥する、床が暖まらない

石油ファンヒーター

メリットー部屋が早く暖まる、時間設定・温度設定ができる

デメリットー灯油を入れる手間がかかる、換気が必要、電気がないと使えない、音がうるさい、点火・消化時の臭い、アパートで禁止されているところもある

石油ストーブ

メリットー上にヤカンを置けば加湿してくれる、調理に使える

デメリットー灯油を入れる手間がかかる、換気が必要、点火・消化時の臭い、アパートで禁止されているところもある、火傷・火事に注意

電気ストーブ

メリットー立ち上がりが早い

デメリットー暖まるのが遅い

こたつ

メリットー電気代が一番安い

デメリットー上半身が温まらない

ホットカーペット

メリットー電気代が安い

デメリットーカーペットに当たる部分しか温まらない

よさそうな暖房器具はありましたか?

それぞれのコストはエアコンの暖房は足元が寒い おすすめなものとコスト比較で詳しく書いてます!

私の中で今年は脱エアコン。
そこで今回石油ストーブを買ってみましたよ。
一人暮らしの暖房に石油ストーブを買ってみた!灯油の入れ方は自動で入るで詳しく書いてます!

ストーブ 上 料理

私は今会社員を辞めて、大半は家の中で過ごしております。

暖をとるためだけに暖房器具を使うのはもったいない!!

といえば、もう石油ストーブしかありません。

天板の上でいろんな料理ができます。

基本はお湯を沸かします。
これであったかいお茶やコーヒー、ココアを飲むんです。
そのお湯で湯たんぽをつくることもできます。

他の使い道としては・・・
・するめを焼く
・お餅を焼く
・食パンを焼く(ホットサンドやフレンチトーストもいいですね)
・焼き芋を焼く
・にんにくを焼く
・おでん
・お鍋
・煮物料理
・おかゆ・雑炊
・焼きおにぎり
・レトルトを温める
・焼きみかん

ざっと挙げただけでこんなにあります。
換気と火傷、火事に注意すれば、こんな便利な暖房器具はありませんよ~。
もうストーブを使うしかないですね。

石油ストーブ 空気 汚れ

石油を使う場合は少なくとも1時間に1回は換気が必要です。

石油を燃焼することで、二酸化炭素、一酸化炭素、二酸化窒素、ホルムアルデヒドなどの有害物質が発生し空気が汚れます。

一酸化炭素中毒の危険もあるので、対角線にあるドアや窓を2か所、5cmは開けて空気の入れ替えをしましょう。

部屋の換気をすれば、そこまで心配になる必要はありません。

まとめ

私の独断と偏見でまとめますと・・・

灯油を入れたり、換気をするのが面倒な方、安全に使いたい方はエアコン

すぐ温まりたい方は石油ファンヒーター

暖房器具としてだけではなく、調理にも使いたい方は石油ストーブ

それに+αで、こたつやカーペットを使うと完璧な寒さ対策になるかと思います。

電気ストーブは温かさの面で、あまりメリットを感じません。

お金を1円も使いたくない方は毛布やブランケットにくるまって過ごしましょう!

もう私の気持ちはストーブにしか向いていません。

ぜひアナタにも石油ストーブをすすめたいところですが、他の暖房器具のメリットデメリットと合わせて検討してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA