修学旅行の持ち物で女子に必要なものとバッグの大きさや荷物の入れ方

キャリーバッグ

学校生活のメインイベントである修学旅行。

修学旅行の持ち物で女子に必要なものをリストにまとめました。

どういったバッグを用意したらいいのか、荷物を詰めるポイントを書いています。
準備万端で臨んで、楽しい思い出を作りましょう。

修学旅行の持ち物で女子に必要なもの

修学旅行の持ち物であると便利なものは、普段毎日使っているもの。
特に女の子は、必要なものがいっぱいですよね。

生活用品は小さい容器に詰め替えて持っていくのが、荷物を少なくするコツです。

  • しおり
  • 筆記用具
  • 腕時計
  • 保険証のコピー
  • 現金
  • スマホ
  • デジカメ(スマホで写真撮らなければ)
  • 充電器(スマホ・デジカメ)
  • 折り畳み傘(もしくはレインコート)
  • ビニール袋(濡れたものを入れたり、汚れた下着を入れる)
  • エコバック(荷物が増えた時と風呂に入りに行くときの下着入れに)
  • ハンカチ
  • ティッシュ
  • ウェットティッシュ
  • タオル
  • フェイス用タオル
  • 絆創膏
  • マスク
  • 薬類(酔い止め、腹薬、持病の薬)
  • 目薬
  • 耳栓(神経質な方は寝るときに)
  • 歯ブラシセット(旅館になければ)
  • コンタクト(洗浄・保存液・ケース)
  • メガネ
  • リップクリーム
  • ヘアブラシ
  • ヘアバンド
  • ヘアピン
  • ヘアゴム
  • 化粧ポーチ
  • カミソリ
  • クレンジング
  • 洗顔
  • 化粧水(乳液・保湿クリーム)
  • ハンドクリーム
  • 生理用品
  • ヘアワックス(もしくはヘアスプレー)
  • 脂取り紙
  • 日焼け止め
  • シャンプー類(旅館になければ)
  • 靴下
  • 下着
  • 旅行中の服(必要であれば部屋着)
  • 防寒具
  • ホッカイロ(寒ければ)
  • 飲み物
  • お菓子(現地で買っても)
  • ゲーム類(トランプ)

ざっと挙げましたが、特に自分に必要ないよって場合は、最小限に抑えて持って行きましょう。

あと学校で禁止されているものを持っていったら没収の恐れがあるので、そこは臨機応変に!

修学旅行のバッグの大きさ

今の修学旅行生を見ると、ボストンバッグよりキャリーバッグの方が人気がありますね。

これから先も旅行で使うことを考えると、バッグの大きさは
軽量の40L(3泊4日に適しています)くらい入るもので、4輪のキャスター付きのもの
を選ぶのがオススメ。

あまり小さいと荷物が溢れるし、大きすぎると持ち運びに邪魔になります。

一番最初にやることは実際お店に行って、どのくらいの大きさか把握すること。

キャリーバッグのハンドルを伸ばして歩いてみて、歩きやすいか確認してみてください。

同じ大きさで気に入ったものをネットで購入してもいいですね。

サブバッグは両手が開くリュックや軽い素材のものがいいです。
なるべく歩くのに負担にならないものを持っていきましょう。

ボストンバッグを持っていきたい方は
修学旅行ボストンバッグ女子人気は大容量で可愛い!部活カバンにも使えるで紹介しています!

修学旅行荷物の入れ方

修学旅行の荷物の詰め方は、形が決まっているものを先に入れます

下の方に重たいものを、上の方に軽いものを入れるのが鉄則。
キャリーバッグであれば
本体側に重たいもの(下の方に重たいものを置くのはもちろん)、蓋側に軽いもの(洋服など)を入れます。

小物類は
化粧ポーチや洗濯ネットに入れて持っていくのがオススメ。
液体類はビニールに包むか、ビニール加工してあるポーチに入れておくこと。

化粧水やシャンプー類などそのまま持っていくと荷物になるので
ドラッグストアでトラベル用のものを購入したり、試供品を持っていくのがオススメ。

試供品はネットで“試供品無料”や“無料サンプル”と検索して入手する方法もあります。

私の話ですが、昔はよくネットで試供品をゲットしていて、それで毎日生活していたことも…。
持って行くときに楽なので、旅行前に早めにゲットしておきましょう。

トライアルセット7日分が1480円で購入できます。↓
HANAオーガニックトライアルセット

下着類や洋服などは畳んでいれるより、隙間にくるくる丸めて入れる方が場所を取りません。
ジャージや靴下、タオルなどしわにならない素材は、丸めても安心。

荷物を詰め終わったら、入れすぎていないか確認しておくこと。
カバンいっぱいいっぱいに詰め込んでしまうと、
お土産を入れるスペースがありませんよ。

かさばるものは圧縮袋(100均にもあります)に入れると、随分空きスペースが増えます。

飛行機の手荷物検査については
飛行機国内線手荷物検査や持ち込み禁止品と空港保安検査の金属探知機で詳しく書いています!

まとめ

女の子の荷物は多くなりがちなので、
いざとなったら現地で調達するのもアリです。

安いもの(お菓子類など)は現地で買って、
現地で買うと購入しにくいものや高いもの(ナプキン、折りたたみ傘など)は持参して行くと安心ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA