スーツケースとキャリーケースの違い!旅行かばんの選び方のコツ!

出張や遠出をするときになったときに必要な旅行かばん。

さっそく購入しようと調べてみると、アレッ
キャリーケースにスーツケース…

二つとも同じ意味じゃないの?って思ったことありませんか?

キャリーバッグとスーツケースの違い、そして旅行かばんを選ぶ大事なポイントをお伝えします。

快適な旅を目指して、レッツゴー!

スポンサーリンク

スーツケースとキャリーケースの違いは何ぞや?

キャリーバッグとはキャリー(運ぶ)+バッグ。

荷物を運ぶバッグという意味ですね。

日本では何となくスーツケースは固い感じ、ビジネスで使われそうなイメージです。

反対にキャリーバッグやキャリーケースなどは、一回り小さいサイズで女性が持つ可愛らしい雰囲気かな。
イメージとしては、客室乗務員が空港で引いてるバッグのような感じ。

世間一般ではスーツケースよりも小さくて、布製や取っ手が伸びて引いて運ぶことができるものが“キャリーバッグ”などと呼ばれることが多いです。

コロコロやゴロゴロと呼ばれることも多いですね。

スーツケースは、元々スーツがシワにならないように作られたお仕事用に作られた大きな旅行かばん。
車輪がなくてもスーツが入る大きさのかばんであれば、スーツケースなんです。

なのですが、
今ではスーツケースでも、キャスターや取っ手が伸縮するタイプのものが多く販売されています。
キャリーバッグに関しても、小さいものから大きいものまでサイズが豊富に販売されています。

ということで両方、特に違いはない!

スーツケースに車輪がついてれば、それはもうキャリーバッグのこと。

  • スーツケース=スーツが入る大きさの旅行かばん。(車輪がついてれば、それはもうキャリーケースだよ)
  • キャリーケース=車輪がついたかばん。
です。

ネットで“スーツケース”と“キャリーケース”をそれぞれ検索してみると、両方同じ商品がでてくるやないかーい!

ということでネットで購入を考えている際は、どっちで検索かけても大丈夫。

スポンサーリンク

旅行かばんの選び方のコツ

せっかく旅行かばんを購入するなら、選び方にもポイントがあります。

値段が安いものは車輪が壊れやすいなどのデメリットがあるので、一回きりで当分使わないといった理由ならば安いものでもOK。
ですが、これからも愛用していきたいと思うのであれば、1~2万円台のものを選ぶと失敗が少ないです。

    • 軽いもの

これから海外にも行くかもしれませんよね。
海外に持ち込む場合は20kgほどの重量制限があります。
帰りのお土産で重量オーバー→追加料金を払う…なんて可能性もあります。

できるだけ軽いものを選んだ方が、移動も楽。女性ならば特に!
そして荷物が重ければ重いほど、車輪に負担がかかるので壊れる原因にもなります。
できるだけ軽いものを選びましょう!

    • 素材がしっかりしたもの

国内ではあまり問題ないですが、海外に荷物を預けたら悲惨。
預け荷物を放り投げるのは当たり前。

私、スーツケースの表面が変形して返ってきたことが2度ほどあります。

  • ABS樹脂かポリカーボネートの素材

ABS樹脂かポリカーボネートの素材を選ぶと、耐久性が強くオススメ。

    • ソフトタイプかハードタイプか

あちこち歩きまわる移動型なら、軽くて移動が楽なソフトタイプの取っ手が伸縮するタイプがオススメ。
ただソフトタイプだと、雨の日に水が浸透しやすいというデメリットがあります。

一か所だけの滞在型ならハードタイプでもOK。

    • 2輪タイプか4輪タイプか

デコボコ道やヨーロッパなど石畳を歩くなら、引っ張りやすい2輪がオススメ。
4輪はサイズが大きい場合は安定感があります。

    • TSAロックが装備されているもの

アメリカに許可された鍵。

米国ではランダムに荷物検査があります。
その際に鍵がかかったスーツケースを壊して中身を確認することも。
TSAであれば専用のキーでロックを解除するので、カバンを壊される心配がありません。

    • 大きさ

1泊の旅行 約30L
2~3日の旅行 約35L
3~5日の旅行 約48L
5~7日の旅行 約70L
8泊以上の旅行 約80~100L

荷物の量は個人差があるのであくまでも目安にどうぞ。

お土産も入れるのであれば、荷物が旅行かばんの半分くらいに収まるものを選ぶと余裕があります。

    • 機内持ち込み可能なサイズか

飛行機降りたらさっさと現地に移動したい場合は、荷物は機内持ち込みにしておいた方が時間が短縮できます。

機内持ち込みサイズ 国内線の場合

国内線は
100席以上の座席数であれば3辺の合計が115cm以内
100席未満の座席数であれば3辺の合計が100cm以内

機内持ち込みサイズ 国際線の場合

国際線は3辺の長さの合計が115~158cm以内と航空会社によってさまざま。
航空会社がすてに決まっているのであれば、その会社の規定を調べてから購入するのが○。

  • ハンドルは十分な長さがあるもの
  • タイヤはスムーズに転がる性能の良いもの

など、ポイントをチェックして購入を考えてくださいね。

ちなみにツルツル素材のハードタイプのスーツケースは、荷物が返ってきたときにキズ跡が目立ちます。
ザラザラした素材の方が傷は目立たないかも。

まとめ

キャリーバッグとスーツケースの違いは特にありません。

スーツケースに車輪がついたもの=キャリーケース

どっちで探しても、ちゃんと商品は見つかりますので(´▽`*)
旅行かばんの選び方としては

  • 軽いもの
  • 素材が丈夫なもの
  • ABS樹脂かポリカーボネートの素材
  • ソフトタイプかハードタイプか
  • 2輪タイプか4輪タイプか
  • TSAロックが装備されているもの
  • かばんの容量
  • 機内持ち込みするのかしないのか
  • ハンドルの長さ
  • 車輪の性能が良いもの

などのポイントをチェックして、自分に合ったもの購入してくださいね。

スポンサーリンク