そば対州庵 対馬の小茂田浜神社と海水浴場 石屋根倉庫2日目⑤

古事記によれば壱岐・対馬は、男神の伊邪那岐(イザナギ)と女神の伊邪那美(イザナミ)の二柱の神によって生まれました。
全部で14島生んだようですが、壱岐は5番目、対馬は6番目に生んでいます。

神々の島と言われる壱岐・対馬は、神社がたくさんあります。

壱岐には神社庁(神社をまとめる宗教法人)に登録されている神社が約150社あり、対馬には約130社あります。多いですねぇ。

そして、
平安時代の927年、醍醐天皇の命により藤原時平らが法律をまとめた“延喜式神名帳”によれば、当時祭りを行う“官社”に指定されていた神社が、壱岐には24社、対馬には29社あります。
九州全体で109社あるということで、壱岐・対馬で半数を占めているんですね。

全部を周ろうには時間が足りません。

琴の大銀杏を見た後、車に戻りさらに南下します。
ここ対馬はトンネルも多いんです。
岩山を切り開いて道を作ったんですね。

お腹もすいてきましたが、下島の厳原町に着くまでは我慢我慢です。

13時はとうに過ぎていました。
今回旅の計画に入れていた“うどん茶屋”。

ここはうどん屋なのに、海鮮丼が美味しいとのことで楽しみに走ってきました。

いざ着いてみると、休業日・・・。

dig

ガーン!!

火曜は営業してるはずでしょ!(ネットでは水曜が定休日となっていました)

お店の玄関まで来てみると“3日間臨時休業します”と張り紙が。

諦めました。
初日にモスバーガーを食べた場所、ショッピングセンターの中に“対州庵”があります。
ここでエビ天の入った対州そばを食べました。

もちろん十割そばです。
対馬は一番最初に、大陸からそばが伝わった場所です。
そば粉100%。

おいし~い!!そばもエビもおつゆも全てが美味い。
大満足です。でもそばだけじゃお腹が満たされないな・・・。

お店を出て、ショッピングセンターの2階でお土産を買います。
この時点で15時前です。

次に向かったのが小茂田浜神社(こもだはまじんじゃ)

sdr

今回も2回目。
国のために当時68歳で亡くなった宗助国(そうすけくに)を祭神とし、同様に一緒にいた将兵も祀っています。

1274年の10月5日に、900隻の軍船に元冠(げんこう)3万3千人が対馬に来ます。
うち約千騎が小茂田浜に上陸。
それを宗助国はわずか80余騎で立ち向かいましたがあえなく・・・。
その後元冠は壱岐を荒らし、博多湾へ。

元寇とは鎌倉時代中期、当時大陸を支配していたモンゴル帝国・その属国である高麗のことです。

ここは元寇が上陸した地であると伝えられていますが、当時の海岸線は今より500m程度内陸だったそうで、実際は小茂田の金田小学校あたりではないかと言われています。

今は昔の面影もなく、静かな神社です。

社殿向かって左の小道を歩いていくと、目の前は小茂田浜海水浴場

dav

dav

dav

 

もう10月なので泳ぐ人は誰もいません。
港の漁師ふうのおじいちゃんが一人散歩しています。

東屋のベンチに座り海を望みながら、朝おばあちゃんから買った海老名名月堂のかすまきを頂きます。

dav

うん、うまい!!
あんこがちょうどよい甘さで、外側の生地もふわふわ。どらやきみたいで食後のデザートにぴったり。
黒あんもいいけど、私は白あん派。
途中厳原町のパン屋さんにも寄ったので、外側がパリッとしてるバターたっぷりの甘いパンも一緒に食します。
これでお腹も満たされました。

私、今回の旅でアーシングもしようと思ってたんですよね。

方法は簡単。地面を素足で歩く!
足裏には末端神経が集中しているんですよ。

素足で地面と繋がることによって、溜まっている電気を体外に放出し、大地のエネルギーを体に取り入れます。
電気を通す塩分のある海水に浸ると、さらに効果的です。

砂浜を素足でさくさく歩きます。
素足で地面を歩くのは何年ぶりでしょうか。
ていうか海に来る事自体、10数年ぶりです。

波打ち際まで来ました。

数回に1度、激しい波が来ます。
ジーンズをふくらはぎのとこまでまくり上げましたが、濡れました。キャッ!

dav

dav

足裏の地面と触れ合っている感触と、波の音、さわやかな気候。
静かです、ただ波の音だけ・・・。

命の洗濯ができました。
皆さんもぜひ。

その後近くの石屋根倉庫へ。去年も来ました。

sdr

sdr

現在残っている石屋根倉庫は、ほとんどが大正初期~中期に完成したもので、屋根を板状の岩で葺いたものです。
衣類や布団、穀物を中心とした食糧、生活用品を保管していました。

対馬の集落では火災の焼失から守るため、母家から離れた場所に倉庫を建てるという習慣がありました。

石が使われているのは強風に吹き飛ばされないため。
瓦は高価だったので地元で取れる石の方が購入しやすかったから。
石屋根は耐久性があり、葺き替えをしなくてもよいから。
火事の延焼を防ぐため。
といった理由があるようです。

湿気に悩むことなく保存状態がよいので、現在も使っているそうです。
今では瓦に吹き替えられているものも多く、石屋根も数を減らしつつあります。

dav

sdr

そういえば去年石屋根だったものが、今年は瓦屋根に変わっていました。
ちょっと寂しいですね。

次は江戸時代朝鮮通信使の目的 鮎戻し自然公園と民宿くろいわ対馬2日目⑥です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA