福岡と対馬をフェリーで行く 和多都美神社と西の漕手と住吉神社 初日①

10/1の深夜から10/5まで、母と二人で対馬・壱岐に旅行に行ってきましたー。
対馬と壱岐は韓国と九州の間にある対馬海峡に浮かぶ島です。共に長崎県になります。

国境の島・対馬は去年同じ時期に旅行し、今回が2回目の旅行です。

対馬や壱岐には多くの神々が鎮座しており、今回は神社巡りを中心に旅していきます。

対馬へのフェリーは九州郵船が有名ですが、今回フェリーたいしゅうを利用し対馬まで渡りました。
貨物フェリーのため、2段ベッドの個室が6部屋だけの船です。

そのため乗り場がわかりにくいんですね。
私は間違って博多ふ頭の九州郵船のフェリー乗り場まで行ってしまいました。

係りの人に聞くとフェリーたいしゅうの乗り場は全く違う場所にあるらしく、タクシーで行きなさいと言われる。
タクシーのおじさんに場所を説明し乗せてもらうも、おじさんも道に迷いながら、10分ほど港のまわりをぐるぐるしながらたどり着くことになります。

22時前に小さな会社にたどり着き、そこでチケットを買います。
大人一人片道4200円。この料金で個室でベッドに寝れるのは結構お得です。
そして初めて乗るということで、そこの会社のおじさんに船室まで案内してもらいました。

船内に入ると、洗面台と簡易シャワー、TVが見れる小さな部屋もあり、ポットやレンジ、自動販売機もあります。

dav

dav

dav

人が少なく、女性は二人だけ、そして夜中ということもあり、少し心細い船旅でした。

23:50博多港発、厳原港に4:20頃着の便です。

港に着いても店が閉まっているため、朝7時までは船室にいられます。
それまでは寝たり起きたりで過ごしました。

船酔いするため酔い止めを飲みベッドで寝ていましたが、夜中波が激しく結構揺れていたようです。

6時半頃起床し、窓から外を見ると大雨。

dav

タクシー会社に連絡し、船まできてもらうようお願いしました。
そして朝ごはんを食べるべく、モスバーガーへ。
朝7時から開いてる店といえばモスバーガーくらいです。

密閉された船室、そして大雨から、明るい店内へ。

dav

店員さんのさわやかなスマイル、ホットコーヒーの香り、アツアツのハンバーガーでお腹を満たし、一気に心が晴れ渡りました。

8時に、ホテル対馬の中にあるオリックスレンタカーへ。

母をモスバーガーにそのまま残し、一人で傘をさし、歩いて向かいます。

ホテルの中は韓国人ばかり。ツアーで来てるみたいですね。

レンタカーを無事借りて、モスバーガーまで戻ると、母がさきほどのさわやかな店員さんと仲良くなっている・・・。

そのまま車でお船江跡へ。
対馬藩が利用していた船着き場が当時のまま、原形を留めたままの姿で残っています。
雨が強いので、車の中から遠目で見ました。

次に向かったのが山の麓にある白嶽神社。9時前到着です。
霊峰・白嶽に登る際、まず最初にご挨拶する神社です。私は登りませんが、お参りだけさせて頂きました。
雨が降っていたせいか、木々に覆われていたせいか、ずっしりと重々しい雰囲気が伝わる神社でした。

その後9:30頃西漕手(にしのこいで)へ。

sdr

sdr

dig

ここへ来るのは去年に続き2回目です。
国道382号線脇にある公衆トイレの駐車場に車を停め、西側の細い道を歩いていくとすぐ海が見えます。
ぱっと見、湖か川のように見えますが、れっきとした海です。

西漕手は7世紀から9世紀にかけて、遣新羅使や遣唐使などが、九州本土から対馬の東海岸に来て、西漕手に用意されていた別の船に乗り換えて、浅茅湾から新羅や唐へ向かったと言われています。
南北に細長く、90km以上ある対馬は元々陸続きだったので、そのまま船で横切ることはできなかったんですね。

東岸と西岸までの距離が一番短い場所で、小舟の場合は東から西へ人がそのまま舟を運び、大船は東岸で荷物を降ろし西岸の別の船に乗り換えました。

この場所は万葉集でも詠まれています。

百船(ももふね)の泊(は)つる対馬の浅茅山(あさじやま) 時雨(しぐれ)の雨に黄変(もみだ)ひにけり
多くの船が停泊する対馬の港。背後の浅茅山は、時雨に促されて赤く色づいてきましたね。

小さなカニがいたるところにいました。雨と強風で、さしていた折り畳み傘がひっくり返ります。古代の人は命がけで海を渡ったんだろうなぁと思いを馳せます。

駐車場に車を停めたまま、歩いてすぐの阿麻氐留(あまてる)神社へ。
国道沿いにすぐ鳥居があります。

dav

sdr

急な階段を上ると太陽の神様が祀られています。
対馬は太陽神アマテル、壱岐は月の神ツクヨミの出身みたいですね。

駐車場まで戻りお手洗いを済ませた後、住吉神社へ向かいます。対馬は道が険しく山林を通ることも多いので、トイレを見つけたら大体立ち寄るように心がけています。

 

dav

dav

 

住吉神社は海に面して鳥居が建っています。階段が半分海に浸かってる・・・。

鳥居の向きは参拝者が来る方角を表していると言われているので、昔の人は海から来て参拝していたのでしょうね。
対馬ではこのように多くの神社が、海に面して鳥居が建っています。

次に向かうは和多都美(わたつみ)神社
豊玉姫命(とよたまひめのみこと)と彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)を祀る神社です。

対馬で一番有名であろう神社。韓国人が乗った大型バスが次々とやってきます。

ここも去年に続き2回目。

sdr

dav

 

鳥居が5つあり、こちらも全て海に向かって同じ方向で建っています。

潮が引くと、海から数えて2番目の鳥居までは歩いて行けます。
厳島神社を思い出しますね。

竜宮伝説が残る神社でもあります。

昔のお話。
海の漁が得意な兄の海幸彦。山の猟が得意な弟の山幸彦(彦火火出見尊)。
ある日弟が、たまには道具を取り換えて獲物を捕ってみようと言い出しました。

兄はしぶしぶ交換し、弟は兄から借りた釣針で魚を釣ろうとしました。
しかし魚は1匹も釣れず、しかも釣針を失くしてしまいます。
そのことを伝えると兄はものすごく激怒し、探して来いと言います。

途方に暮れた弟が海を眺めていると、潮流を司る塩椎神(しおつち)がやってきました。
話を聞いたしおつちは竹で舟を編み、舟に乗って海の中に進みなさいと言う。
そこで海神の娘が相談に乗ってくれると。

しばらくすると海神わたつみの宮殿に到着しました。
井戸の隣にある木に登って待っていた弟に、海神わたつみの娘・豊玉姫が一目惚れし、二人は結婚するのです。

浮かれていた弟が釣針のことを思い出したのは3年後。
わたつみに相談すると、わたつみは魚たちを集め、釣針のことを知っている者はいないか聞きます。

そして鯛ののどから釣針がでてくるのです。
その後地上に戻った弟は、兄に釣針を返します。(しかし兄が貧しくなるよう呪文をかけて)

ある日身ごもった豊玉姫が、弟の元へやってきます。
子を産むときには本来の姿になるので、絶対に見てはだめと念を押す豊玉姫。
弟は産屋の中を覗いてしまいます。

大きなサメの姿になっている豊玉姫。
弟は驚いて逃げ出しました。
悲しんだ豊玉姫は子どもを置いて、海に帰ってしまいました。

そして豊玉姫の妹、玉依姫に子どもの養育を頼みます。
成長した子どもは叔母である玉依姫と結婚します。
玉依姫の四男が初代天皇である神武天皇となる人物です。

・・・というお話。

社殿で参拝をし、奥の森林に入っていきます。
少し歩くと左手に小さな橋があるので渡ってみると、そこに豊玉姫のお墓があります。

dav

dav

 

 

社殿脇には大きな木があり、木の根が横に長く続き社殿奥下まで伸びています。

sdr

dav

見た目はまるで龍が天に昇っているように見えます。

 

豊玉姫の墓、龍に見える木、佇まいが静かでどっしりとした雰囲気のある神社でした。

次は国境の島対馬へ あなご亭と海神神社の階段 初日②です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA