クリスマスカードを送る時期 文例も紹介 手作りは簡単 

クリスマスにカードが送られたらうれしいですよね。

しかも封筒を開けたら、手作りだった!
気持ちがこもっていて、大変温かな気持ちになります。

ここではクリスマスカードはいつ送るのか、そして書き方とカードの簡単な作り方を紹介するのでぜひぜひご覧ください。

クリスマスカードを送る時期

国内ではプレゼントと一緒に、クリスマスカードを手渡しする方も多いですね。
カードだけ郵送する場合は12月初めに送ってもかまいません。
12月に入り街や店がイルミネーションで飾り付けられるようになったら、一気にクリスマスモードに突入です。

海外の場合は11月最後の週に送るのが望ましいです。
キリスト教国では、イエス・キリストの降誕を待ち望むアベント(待降節たいこうせつ)があります。11/27~12/3の間に始まり、クリスマスイブまで続きます。
25日を待ち望みながらクリスマスを祝う習慣が1ヶ月弱あるんですね。
なので年賀状と違って25日に届くように送るものではなく、送られてきたカードをクリスマスまで飾って楽しみます。
もらった方が、カードをクリスマスまで飾れるように早めに出しましょう。
通常海外に送る場合は1週間ほどかかりますが、クリスマスシーズンになると郵便物の量が多くなりそれ以上かかる場合もあるのでご注意を!

クリスマスカードの文例を紹介

普段言えない事も手紙だと素直に言えますよね。
そして手書きだと心に響くものがあります。

日頃思っていることや今年楽しかったこと、2人の思い出を書きます。

あとはプレゼントの説明をするもよし、“クリスマスまで飾ってね”と一言付け加えてもよし。
何も思い浮かばない時はツリーやサンタクロースの絵を描きましょう。えっ、難しい?

最初に書くのはMerry Christmas!やI wish you a merry Christmas!でしょうか。 
宗教に関係している方には、クリスマスは宗教行事なのでSeason’s GreetingsとかHappy Holidays!という言葉を使います。

下記の文章も参考にしてください。

・素敵なクリスマスになりますように。
・素敵なクリスマスをお過ごしください。
・素敵なクリスマスとよいお年をお迎えください。
・身体に気をつけてね。
・これからも仲良くしてね。
・来年もよろしくね。
・来年も再来年もずっと一緒にいようね。

自分なりに心に思ったことを素直にしたためると良いと思います。

クリスマスカードを手作り 簡単にできる

今回クリスマスカードを手作りするのに“カモのものづくりBOOK”カモ著を参考にしました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カモのものづくりBOOK 誰でもできる!かんたんアイディア113 [ カモ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/10/25時点)

 


不器用な私ですが、2つ作り方をご紹介します。

今回準備したもの
・画用紙(100均)
・色画用紙(100均)
・シャープペン
・黒ペン
・水性ペン30色入り(100均)
・消しゴム
・糊
・カッター
・カッターマットの代わりに段ボール
1.画用紙を“二つ折りした状態で封筒に入るように”切る。(もともと二つ折りになってる市販のカードを広げて、画用紙の上にのせて、カードに沿ってカッターで切るとうまくいきます)
2.サンタクロースの絵を下書きして、黒ペンでなぞります。
3.水性ペンで色付けしました。
4.窓ができるようにカッターでくり抜きます。
5.サンタさんのお顔が覗いてますね。
6.メリークリスマスの文字も入れて完成です。

もう1ついきます。

1.色画用紙(ここではピンク)を、二つ折りした状態で封筒に入るように切ったものと、一回り小さく切った白画用紙を準備します。
2.クリスマスツリーを下書きします。
4.ツリーをカッターで切り抜きます。
ここで注意!!木の一番下の部分は切らないで、画用紙と繋げておきます。
5.色画用紙を下にして、白画用紙と一緒になるよう外側だけ糊付けします。
ついでにメリークリスマスの文字も入れて完成です。

どうでしょう?
ぶきっちょさんながら、2つで30分ほどでできました。
童心に返ったようで楽しめます。
慣れたら10分で作れそうです。

まとめ

カードを送る時期は国内では街がクリスマスムードになってから、海外には11月末には郵送できるように送りましょう。

カードの作り方を載せましたが、飛び出す仕掛けのものやオルゴール付きも人気がありますね。
何にせよ心がこもっていれば、もらった方は胸を打たれますよ。

私にもちょーだい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA