雛人形の購入ポイントや価格相場と飾る場所を調べておく

雛人形

雛人形を買うとき、どれを選べばいいのか迷いますよね。

ここでは
雛人形を買うときのポイントや注意点を挙げています。

雛人形の値段の相場を知り、飾る場所も決めておきます。

事前にしっかり把握したうえでお店に行くと、
店員さんのセールスに左右されることはありません。

購入前には、ぜひご一読ください。

雛人形の購入ポイント

この先ずっと飾っていくひな人形。
ある程度の予算は決めますが、値段よりも
人形の顔や衣装が好みで、気に入ったものを重視して購入した方が
今年も飾ろうって思えますよ!

眉や目、口などが丁寧に重ね描きされている人形は、やはり美しいです。

雛人形を購入するポイントは、
パッと見て
うわぁ~、かわいい!
って思えるかどうかです。

娘の顔に似た雰囲気の人形を選ぶのも愛着がわくポイント。

京雛は目が細くおっとりとした顔立ちが多く、
関東雛ははっきりとした目鼻立ちのものなどさまざまです。

作りも重要なポイント。
内裏雛(男雛と女雛)の裏と後ろを見て、丁寧な作りかどうか。
裏を見て
袴や足がなかったり、帯をめくって一枚布しかなかった場合は安いものになります。
高い物は、別仕立てで丁寧に縫い合わせてあります。

袖の衣装の枚数と胸の衣装の枚数
が違うこともあるので、気をつけてください。

アパート暮らしで収納や飾る場所に限りがある場合は
大きいのは邪魔になります。
段飾りは一部屋埋まってしまいますよ。

収納するときに場所をとってしまうのが心配な方は
平台にケースなしで飾るタイプ

一番コンパクト。

次に木製の飾り段と収納が兼用の
収納飾り

コンパクトに収まります。
(ただ木製の飾り棚は、年月が経つと反ってしまうことも)
専門店で購入すると、修理もできるし間違いがありません。

一戸建てで雛人形を置く場所も十分あるという方は、
やはり
大きいお雛様の方が子どもは喜んでくれます。

まためんどくさがり屋さん
最初の頃はいいですが、段々と年を経るにつれて
雛人形を出すのが億劫になります。
あまり手間がかかるものは好ましくないので、扱いやすさを重視して
段数の少ないものや、ケース入りを選んだ方がいいでしょう。

ケースなしだと、ほこりがつくので
その都度掃除が必要になります。

ただケースに入れると、人形の価値も下がるのがデメリット。

ひなまつりの歌には“五人囃子の笛・太鼓”という歌詞があるので、
子どもが歌を聞いてイメージできるように、五人囃子がいるものを選んでもいいですね。

雛人形選びのポイント

・気に入った顔立ちや衣装であること

・お内裏様の裏と後ろを見て、作りが丁寧かどうか

・部屋に置ける大きさであること

・めんどくさがり屋さんはケース入りを選ぶこと

・親王飾り(男雛と女雛の2体だけ)なのか、
三人官女もいたほうがいいのか
五人囃子も入れるのか
家族に意見を聞いておくこと

その時
良い!
と思ったもの。

毎年飾るのが楽しみになる人形を買うのが一番です!

雛人形を購入する時期や場所は
雛人形は誰が買うのが一番いいの?購入する時期と場所で詳しく書いています!

雛人形の価格相場

雛人形の値段の相場は、全国的に5万円から15万円前後

値段が高いものは、よい素材を使って丁寧に作られていますが、
安いものはそれなりの作りです。

・親王飾り(男雛と女雛の2体だけ) 7~15万円

・三段飾り(男雛と女雛、三人官女に道具類も加わります) 15~25万円

・七段飾り(皆揃った十五人揃の雛人形) 20~50万円

・ケース飾り(人形、道具類がケースの中に固定されている) 5~15万円

・収納飾り(収納箱を飾り台として使用する) 5~15万円

・木目込み雛人形(木製の胴体に着物を埋め込んでいる人形) 10~20万円

子どもの健やかな成長を願って飾る雛人形ですから
売れ残りや安売り、値下げはあまりよろしくありませんので
ほどほどに。

ちなみにひな人形に定価はないので
お店によって決まります。
定価を高く設定し、○割引と売り出すところもあります。

値引きは参考にせず、いくらで売られているかを重視して選んでくださいね。

雛人形を飾る場所を調べておく

まずは飾る場所をどこにするか決めます。

直射日光の当たる部屋やエアコンのそば、
湿気がこもりやすい窓際はなるべく避けます。

できれば皆で過ごすリビングに飾れば、
にぎやかでお雛様もうれしいはず。

飾る場所が限られている場合、
サイドボードやタンスの上だったりしたら
そのサイズに合うコンパクトな大きさになります。

飾るスペースに合った大きさで選びましょう。

棚がない場合は、
雛人形が入っていた段ボールを台にして、布を引いてその上に飾ることもできます。

次に雛人形の収納場所
雛人形は箱に収納しても、結構大きくてかさばります。
1年のうちほとんどの時期を
収納している状態になるので
きちんと収納場所も確保しましょう。

設置場所のスペースを測ってからお店に行くと、大きさで迷うことはありませんよ。

まとめ

雛人形を購入するポイントは
値段よりも
人形の顔や衣装が好ましく、気に入ったものを重視して買うこと。

この先何年も飾ることになるので、愛着がわく人形を選びましょう。

そして
どんな人形を選ぶにせよ、
大きくなった娘が思うことは
親と一緒に飾りつけをしたこと

いつまでも暖かい思い出として残っているものですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA