雛人形は誰が買うのが一番いいの?購入する時期と場所

雛人形

雛人形は誰が、いつ買うものか決まりはあるんでしょうか?

おじいちゃん、おばあちゃんは孫ができた喜びで
両家がそれぞれ買う気満々ってところもありますよね。

雛人形はどちらの親が買うのがいいのか?
それとも自分たちで買う?
ここでは
うまく折り合いをつけて、気に入ったひな人形を買う方法を書いています。

雛人形を購入するのに、
品揃えがいいベストな時期も合わせて読んでみてください。

雛人形は誰が買うのが一番いいの?

雛人形を買うのは、一般的にお嫁さんの両親が多いです。

昔は嫁入り道具の一つで
その名残で今でも、お嫁さんの実家が買うことが多いんですね。

そういう背景もありつつ
経済格差や、価値観の相違で意見が合わないと、
両家がお互いに揉め
当の家族が板挟みになることも多々あるようです。

どちらの実家が買うにしても、もしくは自分たちで買うにしても、話し合いをするのが一番ベストな方法です。

まずはお嫁さんから実家の両親にそれとなく、初節句の相談をします。
両家の親からなんの話も出ていない場合は、当の本人たちでひな人形を買おうと思っていることを告げます。

初めから買ってもらおうという気持ちでは、絶対だめですが
大体は両家の親が、買ってあげたいと言ってくれたり
料金を半分負担すると言ってくれたり
さまざまです。
最近では両家で相談して負担額を決め、それで
購入を決めているケースが多いですね。

よくあるのが
欲しくないひな人形を、押し付けられそうになる問題。

中には昔から家にある、ひな人形を譲りたいとか、
自分の知らないところで、ひな人形を購入する話が進められている場合があります。

その場合の断り方としては、
せっかくだが雛人形は自分の目で見て、気に入ったものを選んで買いたいこと。
気持ちはありがたいという感謝の気持ちを告げること。
わがままを言って申し訳ないという言葉。
素直に感情を伝えることが大切です。

そして旦那さんの両親に伝える場合は
できれば直接、
旦那さんから両親に伝えてもらった方が角が立ちません。

もう一つの問題が
おじいちゃんおばあちゃんは、孫のために
大きなひな人形を買いたがります。
アパート暮らしだった場合、当の家族は、
収納する場所もないので困惑することも。

その場合も素直に
飾る場所がないし、収納にも困るから、もっとコンパクトな物が欲しい

素直に伝えること。

雛祭りは民間に伝承されてきた風習であり、誰が買うにしても正解はありません。
子どもの成長を願う行事であり、
それを祝う気持ちさえあれば、誰が買っても問題ありません。

本当に気に入ったひな人形であれば
毎年飾りたくなるものです。

雛人形を購入する時期

雛人形を買う時期は、
限定品やお買い得品もあるので
12月初めから探して、12月中に購入するのが良いです。

11,12月が一番品揃えが良いときです。
(去年の在庫も店頭に並んでいる場合もあるので、その場合は新作を見せてくださいと伝えることも可)
1月中旬にもなると、どれもこれも完売しており、
2月に入ると売れ残りしかありません。

購入すると決めたら、早めに見に行きます。
遅くなると気に入った商品があっても
売り切れて買えないという事が多々あります。

雛人形は手作りなので、ほぼ一点もの。
良いものを見つけたら、すぐ購入する。
気に入った人形があれば、その時が買い時です。
“いいもの”からなくなっていきますよ。

なので
なるべく早く購入して、長く飾れるようにしましょう。

ひな人形を購入したら、その帰路に神社参りをして
子どもの健やかな成長と無事を祈りましょう。

雛人形を購入する場所

雛人形を購入する場所はたくさんあります。

デパートは、いい人形が揃っていますが
品数が少なく、売れ筋のものしか置いていません。
デパートやベビー洋品店、ホームセンターなどは
個人的にあまりオススメできません。

粗悪品の雛人形が置いてある店もあるため、
購入する場所は、
専門店の方が品質も良く、安心。
また品揃えが良いです。
アフターフォローもバッチリ!
汚れやほころびなど、後々の修理もしてくれます。

家から近いところの専門店に、まず足を運んでみましょう。

雛人形は手作りなので、数に限りがあります。
ネットなら在庫を確認しながら、注文できるので
時間のない方には助かります。
ただ現物を見られないのがデメリット。

ネットで調べたり
いろんなお店からパンフレットを取り寄せて、検討しましょう。

で、実際に買う場合は
実物を見た方が一番いいのかなぁと思います。
お店に行くと、その分情報も増えますしね。

東京に住んでる方は
雛人形の専門店が東京都の浅草橋に行くと、駅前に集中しています。

展示数の多いお店を、出来れば2,3件は回って
値段と人形の顔かたちを比べてみましょう。

雛人形にも相性があるので、気に入った人形が見つかるまで
とことん、いろんなお店に足を運ぶことが大切。

雛人形は、その子のお守りで一生もの。
納得のいくものを選んでくださいね。

ひな人形を買うポイントは
雛人形の購入ポイントや価格相場と飾る場所を調べておくで詳しく書いています!

まとめ

雛人形を買うときは
両家の親も含めて、納得するまで話し合いをしましょう。
その際は、自分たちの意見も素直に
角が立たないように言うことも忘れずにですね。

子どもの成長を皆で祝うことが、一番大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA