みあれ祭とは?!世界遺産に登録された宗像大社

福岡県の神が宿る島・沖ノ島といえば、2017年に世界遺産に登録されました。

他にも福岡本土にある宗像大社・辺津宮や玄界灘に浮かぶ離島の宗像大社・中津宮なども世界遺産になり、世界中に知られることになった場所。

その世界遺産に登録された宗像大社の盛大なお祭りが、みあれ祭なんです。

スポンサーリンク
  

みあれ祭とは?!世界遺産に登録された宗像大社

みあれ祭とは、田島放生会(たじまほうじょうえ)とも呼ばれる、福岡県・玄界灘の海上で行われる秋のお祭り。

 

10月1日 宗像のみあれ祭に行ってきました 🛥 #みあれ祭 #世界文化遺産 #大島

yoshikoさん(@jiazidubu.yoshipyon)がシェアした投稿 –

地元の漁師達が数百隻の船を出して、航海安全や五穀豊穣、豊漁を願う盛大なパレードですね。

みあれ”とは新しい霊力を授かるという意味があるそうな。
約750年前から行われている祭事ですよ。

天照大神(あまてらすおおみかみ)が生んだ三人の女神(宗像三女神)が、沖ノ島、大島、本土それぞれの宗像大社に祀られていますが、年に1回だけ宗像大社・辺津宮に三女神一同が集まります。

長女:離島・沖ノ島にある沖津宮の田心姫神(たごりひめ)
次女:離島・大島にある中津宮の湍津姫神(たぎつひめ)
三女:福岡県本土にある宗像大社の辺津宮の市杵島姫神(いちきしまひめ)

三女(いちきしまひめ)が長女(たごりひめ)と次女(たぎつひめ)を沖合で出迎え、本土にある宗像大社・辺津宮までお連れします。

みあれ祭りでは最初に船が、沖津宮の長女(たごりひめ)を迎えに参り、その日は大島にある中津宮の次女(たぎつひめ)のところに1泊されます。

そして翌日に中津宮で神迎えの神事が行われた後、地元の漁師たちに囲まれながら海を渡り、本土の辺津宮に近い神湊(こうのみなと)港まで約1時間かけて向かいます。

2神が別々の船で中津宮を出発し、海上パレードをしながら本土の辺津宮まで向かうわけですね。

宗像大社・辺津宮に三女神一同が集まり、海上安全や大漁をお祈りする行事が毎年10月1~3日まで行われているのです。

スポンサーリンク

宗像三女神とは

宗像三女神はアマテラスとスサノオの誓約により生まれました。
海の道を外敵から守るよう、福岡県宗像に降臨させられた女神たちです。

ちなみに長女たごりひめが鎮座している沖ノ島は、島全体がご神体であり女人禁制の島。
男性であっても立ち入ることは禁止されており、沖津宮の神職のみが立ち入ることが許された聖地です。

沖ノ島で見聞きしたことは口外してはならず、枝や草木を持ち帰ることもタブー。
四つ足の肉を食べることも禁止されています。

宗像大社の詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】

まとめ

みあれ祭り期間中の宗像大社では、屋台が出店するなどかなりの賑わいを見せます。

世界遺産に登録されたところでのお祭りとなれば、国内からも海外からも観光客が殺到しそうですね。

スポンサーリンク