梅雨の髪うねり対策に広がりを抑えるスタイリングとくせ毛ケア方法

 

梅雨の髪の毛ってうねるし広がるし、ほんと憂鬱ですよね。
日頃のケアでくせ毛を抑える方法があれば、雨の日を楽に過ごすことができるんですけどね。

そんな梅雨を乗り切りたい方に向けて書いています。

スポンサーリンク

梅雨の髪のうねり対策は日頃のケアで乗り切る!

くせ毛 対策

梅雨の髪ってなんであんなにハネたり、うねったり、広がったりしてゆうこと聞かないんでしょうねー。
くせ毛、永遠の悩みです。

髪がうねるのは、雨が降ったり汗をかく季節は湿気が多いからっていうのが原因なんですよね。
髪の毛が大気中の水分を含んで濡れてしまうと、髪を作っている成分の結合がはずれます。
そのままの状態で髪が乾燥してしまうと、本来のくせの状態で髪の成分が再結合しちゃうんです。

梅雨の季節は乾いた髪が湿気に触れてバランスを崩すことで、うねったり広がったりしてくせが戻ってしまうんですね。
もういや~!!

梅雨の髪のうねり対策には縮毛矯正が一番効果があります。
縮毛矯正かけたら持続期間が知りたい!値段が安いと髪は傷みやすいの??をそうぞ!

ただ縮毛矯正はお金がかかるし、髪が傷むのでいやだという人もいますよね。
今回は縮毛矯正以外で!なんとか梅雨を乗り切りたいと考えているアナタに、日頃のケアで髪のうねりを抑える方法をお伝えします。
髪を傷めることの無いおすすめの方法ですよ。

髪の広がりを抑えるスタイリング

髪のうねりやハネ、広がりをなんとか落ち着かせるために、くせ毛用のスタイリング剤を使うと、髪のボリュームを最小限に抑えることができるのでおすすめです。

ドライヤーで髪をしっかり真っすぐ伸ばした後に、くせ毛用のワックスやクリームを少量つけるのがポイント!
(乾燥して傷んだ髪には、ヘアオイル等を塗ってからドライヤーをあててくださいね。)

ワックスやクリームは髪の内側の根元のほうから毛先に向かって内巻き気味につけることで、ボリュームを抑えることができます。

仕上げに、ヘアスプレーを使うと髪の表面をコーティングしてくれて、湿気の侵入を防いでくれます。
VO5やケープ等のスプレータイプは髪を固めてキープしてくれるので、1本持っていれば便利ですよ。

 

気になる髪の部分の内側にスプレーすれば広がりを抑える効果もあります。

髪がぺちゃっとならないように、髪の内側に少量つけるのが大事かな。

スポンサーリンク

くせ毛をケアする方法でボリュームを抑えよう!

健康な髪になると、さらにくせ毛がまとまりやすくなります。
日頃のケアで注意する点を紹介しますね。

くせ毛対策はシャンプーで髪を清潔に!

私が使ってみて感動したシャンプーについてはくせ毛シャンプーにおすすめ!髪の広がりを抑える私が使った商品5選をどうぞ!

・ぬるま湯で髪を洗う

・シャンプー液は両手で充分泡立たせてから、毛穴をしっかりと洗う+頭皮をマッサージ

・すすぎは2~3分行い、十分に洗い流す

くせ毛の広がりを抑えるトリートメント方法

湯船に浸かるなどして、頭皮の熱でトリートメントの栄養を髪に浸透させることがコツです!

・濡れた髪の毛を手でよく絞る(タオルで水分を軽く取っても良し)

・シリコン入りのトリートメントであれば、頭皮につかないように根元を避けて髪に塗る

シャワーキャップを被って、湯船に10分~20分浸かる(←ここ重要!これをした時としない時の髪質が全く違います)

・シャワーの水圧を弱くして、下を向いて頭皮を中心によく洗い流す

くせ毛の人必見!ドライヤーの乾かし方

ドライヤーの熱を使って、ケラチンと呼ばれる髪のタンパク質の成分を真っ直ぐにしていきます。
お風呂からあがったら、すぐに髪を乾かすことがくせ毛を抑えるのに一番効果がありますよ。

・しっかりタオルドライする

・ドライヤーで乾かす前に洗い流さないトリートメントやオイル等をつけて、髪を守る
オススメはシュクルンヘアストレートでくせ毛のパサつき広がりの悩みを解消したい!で書いています!

・できるだけドライヤーと髪の毛の距離をあける(15cmほど離す)

・ドライで乾かす(一番最初は高温でもいいですが、最初から最後まで熱い温度だと髪を傷めます)

・ドライヤーを持っていない方の手で、手ぐしのように髪をかきあげながら髪の地肌をこするように乾かす(毛先は根元の熱で自然に乾きます)

・最後にクールに切り替えて、髪を冷やす(上から下に向かって風をあてると、真っすぐになりやすく、冷風を当てることでキューティクルが閉じて艶がでます)

完璧に乾かす(ちょっと髪が湿っていると、水分が残ってうねりやすくなります)

くせ毛を抑えるドライヤー+ヘアブラシのダブル使い

髪全体をドライヤーである程度乾かした後、ブラシを使って乾かしていきます。

・ドライヤーを遠くからあてながら、ヘアブラシを髪の内側に入れて根元から毛先に向かって髪をゆっくりとかす

・うねりのある部分にはドライヤーを遠くからあてながら、ロールブラシを使って優しくゆっくり下に引っ張る

・ドライヤーを離して、ブラシを毛先のところでとめる(ブラシで髪を下に引っ張った状態でとめる)

・髪の熱がとれたら、ブラシを下におろしてはずす

・冷風をあてて髪のキューティクルを閉じる

くせ毛をケアする方法の中でも髪をしっかり乾かすことが、一番重要ですよー!
濡れた髪のまま放置すると、あっという間に髪がボワボワになってしまうんですよねぇ。
髪を乾かした後も、なんか残念な仕上がりになるというか…。
髪はすぐ乾かすことが鉄則!!

日頃の対策で髪のうねりを最小限に抑えましょうね。
くせ毛を活かすカット方法もあります。くせ毛を生かすカットで似合う髪型を見つける頼み方をアドバイスするよ!をどうぞ。

まとめ

縮毛矯正のように髪を傷めずお金がかからず、くせ毛を抑える方法をご紹介しました。

スタイリングや日頃のケアにちょっとひと手間加えることで、梅雨の髪のうねり対策ができるので、気になったものは実践していや~な梅雨を乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク