アレルギー性鼻炎と花粉症両方にれんこんが効果あり?今すぐスッキリしたい!

花粉症の時期だけじゃなく、年中鼻がムズムズしている私。

アレルギー性鼻炎も持っております。

もうっ、このモヤモヤすっきりしない鼻を何とかしたい!
と思って、調べてみた結果。

なんとアレルギー性鼻炎にも花粉症にも、れんこんを食事に取り入れることで改善効果が期待できるんですって。

両方の症状を抑えるレンコンの食べ方や使い方についてもご紹介します。

スポンサーリンク
  

アレルギー性鼻炎と花粉症と両方酷い私

花粉症になったのは今から15年ほど前。
ここ数年、症状がどんどん悪化しているような。

花粉症との付き合いはだいぶ長いですが、つい最近になって耳鼻科に行って言われたこと。
「アレルギー性鼻炎ですね。」

なんと!
花粉症の季節が過ぎても、鼻がムズムズしてるのはそのせいだったかー!

日常生活のダニや埃、ハウスダスト、動物の毛、カビ、排気ガスなどの原因物質が反応して、鼻の粘膜が炎症を起こしてしまうんですね。

どうりで部屋に掃除機をかけると、その日は寝るまで鼻水ダラダラくしゃみ連発してたんですよね。

病院からもらった処方薬も毎日きちんと飲まないからか、箱ティッシュの消費量がハンパないです。
くしゃみはオヤジみたいな「ふぇーくしょんっ!!」
たまに部屋の家具が振動するくらい、大きなクシャミがでます。

ここ最近症状がひどくなり、どうしたもんかなと悩んでいた時に知った“レンコン”。

レンコンがアレルギー性鼻炎にも花粉症にも効果的なんですってよ!

ちなみに鼻洗いも、花粉症や鼻炎のひどい症状が緩和されスッキリ楽になる方法の1つ。
悩んでる人は、一度鼻洗浄やるのもオススメ。

サイナスリンスで鼻うがい!花粉によるくしゃみ鼻水がつらすぎて!!

花粉症とアレルギー性鼻炎にはれんこんが効果あるとな

レンコンに含まれるタンニン
花粉症やアレルギー性鼻炎を抑える食べ物です。

レンコン40gを毎日食べれば、2週間ほどで効果が期待できるというもの。

  • タンニン
    抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれ、免疫力を上げてくれる

    レンコンを包丁で切ってしばらくすると、黒ずんでくる部分です。
    この部分がアレルギーによる炎症を緩和してくれます。

    レンコンの皮の部分にタンニンが多く含まれているから、捨てちゃダメ!

    タンニンはお茶やコーヒーに含まれていることでも有名ですね。

スポンサーリンク

花粉症やアレルギー性鼻炎に効くれんこんの食べ方や使い方

レンコンの皮もまるまる摂取したいので、皮ごと調理します。
外側の泥を落とすには、アルミホイルをグシャグシャにして泥がついてる部分だけこそぎ落とすこと。

れんこんのアク抜きはしません。
水にさらしちゃダメ。
栄養成分が流れ出てしまいますので。

ヨーグルトや納豆などの乳酸菌と一緒に摂取すると、さらに良し!

1日に摂取する量は、輪切り3枚ほど。

おすすめはレンコンのすりおろし

レンコンは加熱することによって、花粉症や鼻炎に良いとされる成分が減ってしまいます。
生のまま食べることで栄養成分を丸ごと摂取でき、改善効果がさらに期待できるんだとか。

れんこんを皮ごとすりおろしたものを、飲み物や出来上がった味噌汁に混ぜていただくのがベスト!

あとれんこんは食べるだけじゃなくて、直接鼻穴に使う方法もあります。

上記と同じように皮ごとすりおろしたレンコン汁を綿棒に浸し、炎症を起こした鼻の粘膜に塗ります

粘膜に塗った後は、鼻水くしゃみが抑えられると!
塗るマスクですね。

今までワセリンを鼻穴に塗ったことはありましたが、イマイチ効果がなかったんですよね。

このレンコン汁は、私絶対やってみる!
さっそくレンコン買いに行きます。

レンコンのすりおろし実際に試してみました~!
初日の鼻具合はいい感じ。↓
レンコンをすりおろしてみた結果をどうぞ。

まとめ

レンコン買ったらすぐに、おろし器ですりおろして40gほど口から摂取したいと思います。
んで汁の部分は、綿棒浸して鼻穴にぬる!

すりおろしたヤツは冷凍保存ができるので、先にれんこん1本全部すりおろしておくと後が楽ですよ。

スポンサーリンク